日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

復活も不安残るマー君の右肘 手術の“境界線”は「3ミリの差」

 46日ぶりの勝利も手放しに喜べない。

 右手首の炎症と上腕の張りで故障者リスト(DL)入りしていたヤンキース・田中将大(26)が3日(日本時間4日)のマリナーズ戦で3勝目をマーク。7回を3安打1失点と上々の内容で復帰登板を飾ったとはいえ、昨季、靱帯を部分断裂した右肘に不安は残る。

 試合後、米メディアから右肘について質問されると「自分自身がマウンドに立ち続けることで、安心してもらえる。健康であり続けたい」と話したが、残りのシーズンをフルに働ける保証はないのだ。

 一度切れた靱帯は、メスを入れない限り、修復するのは不可能だ。昨年5月に痛めた際、4球団のチームドクターから「手術不要」と診断されたものの、今後もマウンドに上がり続ければ、患部への負担が増し、靱帯が完全に断裂する可能性が指摘される。手術を勧めるヤンキースのフロント陣が心配するのはそこだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事