復活も不安残るマー君の右肘 手術の“境界線”は「3ミリの差」

公開日:  更新日:

 46日ぶりの勝利も手放しに喜べない。

 右手首の炎症と上腕の張りで故障者リスト(DL)入りしていたヤンキース・田中将大(26)が3日(日本時間4日)のマリナーズ戦で3勝目をマーク。7回を3安打1失点と上々の内容で復帰登板を飾ったとはいえ、昨季、靱帯を部分断裂した右肘に不安は残る。

 試合後、米メディアから右肘について質問されると「自分自身がマウンドに立ち続けることで、安心してもらえる。健康であり続けたい」と話したが、残りのシーズンをフルに働ける保証はないのだ。

 一度切れた靱帯は、メスを入れない限り、修復するのは不可能だ。昨年5月に痛めた際、4球団のチームドクターから「手術不要」と診断されたものの、今後もマウンドに上がり続ければ、患部への負担が増し、靱帯が完全に断裂する可能性が指摘される。手術を勧めるヤンキースのフロント陣が心配するのはそこだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る