復活も不安残るマー君の右肘 手術の“境界線”は「3ミリの差」

公開日:  更新日:

 46日ぶりの勝利も手放しに喜べない。

 右手首の炎症と上腕の張りで故障者リスト(DL)入りしていたヤンキース・田中将大(26)が3日(日本時間4日)のマリナーズ戦で3勝目をマーク。7回を3安打1失点と上々の内容で復帰登板を飾ったとはいえ、昨季、靱帯を部分断裂した右肘に不安は残る。

 試合後、米メディアから右肘について質問されると「自分自身がマウンドに立ち続けることで、安心してもらえる。健康であり続けたい」と話したが、残りのシーズンをフルに働ける保証はないのだ。

 一度切れた靱帯は、メスを入れない限り、修復するのは不可能だ。昨年5月に痛めた際、4球団のチームドクターから「手術不要」と診断されたものの、今後もマウンドに上がり続ければ、患部への負担が増し、靱帯が完全に断裂する可能性が指摘される。手術を勧めるヤンキースのフロント陣が心配するのはそこだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る