右肘手術のダルが心境吐露 私生活では山本聖子のサポートも

公開日:  更新日:

「(靱帯を痛める)前よりもいいピッチャーになって帰ってきたいなと思う」――。

 右肘靱帯損傷で17日にトミー・ジョン(腱の修復)手術を受けたレンジャーズ・ダルビッシュ有(28)が22日(日本時間23日)、術後初めて取材に対応し、現在の心境を明かした。

 手術は予定よりも早い約1時間半で終了し、医師からは「『やれることは全てできた』と言われた」と順調だったと話した。

 球団からは当初、本拠地テキサスでのリハビリを勧められたそうだが、自らの希望でキャンプ地アリゾナ州サプライズに戻った。現在は痛みもなく、キャンプ施設では連日ギプスを外して消毒した後に10~15分程度、右指を動かしているという。

 日常生活では右腕は動かせないそうで「もちろん不便。箸を使うこともできない。寝づらかったりするが、彼女とかに助けてもらっている」と交際中でレスリング元世界女王の山本聖子さんのサポートを受けているとプライベートも披露した。

 ダルは開幕後、本拠地でリハビリを続け、来年5月の復帰を目指す。今後は長くて苦しい毎日が続くものの「1年かけてしっかり(した状態で)戻りたい」と明るい表情で話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る