右肘手術のダルが心境吐露 私生活では山本聖子のサポートも

公開日: 更新日:

「(靱帯を痛める)前よりもいいピッチャーになって帰ってきたいなと思う」――。

 右肘靱帯損傷で17日にトミー・ジョン(腱の修復)手術を受けたレンジャーズ・ダルビッシュ有(28)が22日(日本時間23日)、術後初めて取材に対応し、現在の心境を明かした。

 手術は予定よりも早い約1時間半で終了し、医師からは「『やれることは全てできた』と言われた」と順調だったと話した。

 球団からは当初、本拠地テキサスでのリハビリを勧められたそうだが、自らの希望でキャンプ地アリゾナ州サプライズに戻った。現在は痛みもなく、キャンプ施設では連日ギプスを外して消毒した後に10~15分程度、右指を動かしているという。

 日常生活では右腕は動かせないそうで「もちろん不便。箸を使うこともできない。寝づらかったりするが、彼女とかに助けてもらっている」と交際中でレスリング元世界女王の山本聖子さんのサポートを受けているとプライベートも披露した。

 ダルは開幕後、本拠地でリハビリを続け、来年5月の復帰を目指す。今後は長くて苦しい毎日が続くものの「1年かけてしっかり(した状態で)戻りたい」と明るい表情で話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る