右肘手術のダルが心境吐露 私生活では山本聖子のサポートも

公開日:  更新日:

「(靱帯を痛める)前よりもいいピッチャーになって帰ってきたいなと思う」――。

 右肘靱帯損傷で17日にトミー・ジョン(腱の修復)手術を受けたレンジャーズ・ダルビッシュ有(28)が22日(日本時間23日)、術後初めて取材に対応し、現在の心境を明かした。

 手術は予定よりも早い約1時間半で終了し、医師からは「『やれることは全てできた』と言われた」と順調だったと話した。

 球団からは当初、本拠地テキサスでのリハビリを勧められたそうだが、自らの希望でキャンプ地アリゾナ州サプライズに戻った。現在は痛みもなく、キャンプ施設では連日ギプスを外して消毒した後に10~15分程度、右指を動かしているという。

 日常生活では右腕は動かせないそうで「もちろん不便。箸を使うこともできない。寝づらかったりするが、彼女とかに助けてもらっている」と交際中でレスリング元世界女王の山本聖子さんのサポートを受けているとプライベートも披露した。

 ダルは開幕後、本拠地でリハビリを続け、来年5月の復帰を目指す。今後は長くて苦しい毎日が続くものの「1年かけてしっかり(した状態で)戻りたい」と明るい表情で話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る