• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

右肘手術のダルが心境吐露 私生活では山本聖子のサポートも

「(靱帯を痛める)前よりもいいピッチャーになって帰ってきたいなと思う」――。

 右肘靱帯損傷で17日にトミー・ジョン(腱の修復)手術を受けたレンジャーズ・ダルビッシュ有(28)が22日(日本時間23日)、術後初めて取材に対応し、現在の心境を明かした。

 手術は予定よりも早い約1時間半で終了し、医師からは「『やれることは全てできた』と言われた」と順調だったと話した。

 球団からは当初、本拠地テキサスでのリハビリを勧められたそうだが、自らの希望でキャンプ地アリゾナ州サプライズに戻った。現在は痛みもなく、キャンプ施設では連日ギプスを外して消毒した後に10~15分程度、右指を動かしているという。

 日常生活では右腕は動かせないそうで「もちろん不便。箸を使うこともできない。寝づらかったりするが、彼女とかに助けてもらっている」と交際中でレスリング元世界女王の山本聖子さんのサポートを受けているとプライベートも披露した。

 ダルは開幕後、本拠地でリハビリを続け、来年5月の復帰を目指す。今後は長くて苦しい毎日が続くものの「1年かけてしっかり(した状態で)戻りたい」と明るい表情で話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る