球威戻らぬ投手も…右肘故障のダルに浮上する「執刀医問題」

公開日: 更新日:

「仮にダル本人が手術を決断したら、一体、誰に執刀を依頼するのか」――。

 レンジャーズのキャンプ地アリゾナ州サプライズでは今、こんな話でもちきりだという。もちろん、右肘靱帯の部分断裂損傷が見つかったエース右腕のダルビッシュ有(28)についてである。

 6日(日本時間7日)にMRI検査を受けたダルは診察したチームドクターのキース・マイスター医師、ジョン・ダニエルズGMから「リハビリ治療」か「トミー・ジョン(腱の修復)手術」を勧められた。

 ダルは当初の予定通り、セカンドオピニオンを求めるため、9日(日本時間10日)にニューヨーク入り。10日にもメッツのチームドクターであるデービッド・アルトチェック医師の診察を受けた後、キャンプ地アリゾナ州サプライズに戻ってダニエルズGM、バニスター監督ら首脳陣と話し合う予定。レンジャーズのサド・レバイン・アシスタントGMは9日、今後の治療方針について11日(同12日)に発表すると明らかにするとともに、仮にダルが手術を回避し、休養と治療を選択した場合は、6週間で投球練習が再開でき、7月にも戦列復帰が可能との見解を示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

もっと見る