• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“最右翼”立浪氏就任を阻む事情 楽天監督「デーブ続投」情報

 楽天の取締役に引き立てられた星野仙一球団副会長(68)には、「編成総責任者」として監督人事の決定権も与えられている。すでに辞意を固めている大久保監督(48)の後任選びが最初の大仕事となる中、現時点での筆頭候補としてウワサされているのが元中日の立浪和義(46)である。

 星野副会長の愛弟子の立浪は、ミスタードラゴンズとして2000安打も達成した名古屋の大スター。入団時から将来の監督を約束された幹部候補生にもかかわらず、現在の中日を取り仕切る白井オーナー、落合GMと折り合いが悪く、引退してから6年、一度もユニホームを着ることなく冷や飯を食わされているのが実情だ。不遇をかこつそんな愛弟子に星野副会長が救いの手を差し伸べ、楽天監督の座を用意する――いかにもな筋書きだが、地元名古屋では懐疑的だ。

「白井オーナーも今年で御年87歳。ここ数年は毎年のように勇退説が取り沙汰される。年齢を考えれば、遠くないうちに身を引く可能性が高い。そうなれば落合GMも終わり。間違いなく立浪は監督候補の1番手になる。4年契約の現在の谷繁監督の契約はあと2年。楽天から誘われても、受けないですよ」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事