• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今オフ視野に…楽天が川崎宗則の獲得を狙う「2つの理由」

 オリックスと最下位争いを続ける楽天が、米メジャーのブルージェイズに所属する川崎宗則(34)の獲得を視野に入れている。

 今季の川崎は、マイナー契約でのスタートも、5月にメジャー昇格。その後は降格と昇格を繰り返しながら現在、メジャーのベンチ入りを果たしている。それでも、34歳のベテランが来季メジャー契約できる可能性は極めて低く、マイナー契約ですら微妙な状況。川崎本人はメジャーでのプレーを希望しているものの、所属球団がなければ日本に戻るしかない。

 楽天が川崎を狙う理由は2つある。一つ目は二遊間の「強化」だ。

 現在、楽天の二塁手は33歳のベテラン藤田で、遊撃手は6年目の西田。藤田は高齢になりつつあってバックアップ要員が必要で、西田は打撃に課題がある(今季43試合で打率.223、0本、6打点)。二塁、遊撃の両ポジションが守れる川崎は最適な人材といえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  10. 10

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

もっと見る