権藤博氏が星野氏に提言 「楽天再建には監督復帰するべき」

公開日: 更新日:

コラム【権藤博の流儀】

 楽天星野仙一シニアアドバイザー(68)が球団の取締役副会長に就任した。立花球団社長によれば、その役割はメジャーで流行中の、「プレジデント・オブ・ベースボール・オペレーション」だそうである。長ったらしいだけでピンとはこないが、要するに「編成統括責任者」。監督人事を含め、チームづくりの全ての権限を与えられるというから、実質的に「GM」を兼ねることになる。

 現在、日本の12球団でGM制を導入しているのは阪神巨人中日、DeNA、日本ハムの5球団。だが、「マネーボール」で一世を風靡したアスレチックスのビリー・ビーンを筆頭としたメジャーのGMに比べると、日本の彼らは実際にどういう仕事をしていて、チームにどんな利益をもたらしているのか、成果が見えにくい。就任1年目の中日の落合GMがチーム年俸総額を8億円も削減したことが話題になった程度という印象だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る