日ハムドラ1候補は高橋、小笠原 またも巨人と競合覚悟

公開日:  更新日:

 日本ハムが13日、札幌市内の球団事務所でスカウト会議を行い、ドラフト会議(22日)の1位指名候補を高橋純平(県岐阜商)と小笠原慎之介(東海大相模)の2投手に絞った。「1位指名は高校生投手2人に絞りました」とは吉村GMだ。

 日ハムの今年の補強ポイントは投手。中でも先発が吉川ひとりの左腕は、ノドから手が出るくらい欲しい。チーム事情を考えれば高橋より小笠原だろう。

 小笠原は8月のU18W杯で左肘を痛めた。大会後の検査で滑膜炎と診断され、国体も投げていない。巨人・原監督の母校である東海大相模の選手だけに、巨人の指名も有力視される。が、日ハムは他球団との競合も覚悟しているという。小笠原の実力を評価しているのはもちろん、左肘は軽傷との判断が働いたのだろう。

 日ハムは11年のドラフトで、原監督の甥っ子で巨人入りを熱望する菅野を1位指名した。くじ引きで交渉権を獲得しながら結局、入団を拒否されたものの、他球団がベタ降りする中、敢然と指名。その年のナンバーワン選手を1位指名するのが日ハムのドラフト戦略だから、今回もケンカ覚悟で指名することになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る