• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハムドラ1候補は高橋、小笠原 またも巨人と競合覚悟

 日本ハムが13日、札幌市内の球団事務所でスカウト会議を行い、ドラフト会議(22日)の1位指名候補を高橋純平(県岐阜商)と小笠原慎之介(東海大相模)の2投手に絞った。「1位指名は高校生投手2人に絞りました」とは吉村GMだ。

 日ハムの今年の補強ポイントは投手。中でも先発が吉川ひとりの左腕は、ノドから手が出るくらい欲しい。チーム事情を考えれば高橋より小笠原だろう。

 小笠原は8月のU18W杯で左肘を痛めた。大会後の検査で滑膜炎と診断され、国体も投げていない。巨人・原監督の母校である東海大相模の選手だけに、巨人の指名も有力視される。が、日ハムは他球団との競合も覚悟しているという。小笠原の実力を評価しているのはもちろん、左肘は軽傷との判断が働いたのだろう。

 日ハムは11年のドラフトで、原監督の甥っ子で巨人入りを熱望する菅野を1位指名した。くじ引きで交渉権を獲得しながら結局、入団を拒否されたものの、他球団がベタ降りする中、敢然と指名。その年のナンバーワン選手を1位指名するのが日ハムのドラフト戦略だから、今回もケンカ覚悟で指名することになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る