高橋純平「U18W杯登板」と中日「即戦力指名」情報の“因果関係”

公開日:  更新日:

 高校球児にとって、最も力が入るのは3年夏の甲子園。高校生活の総決算でもある。多少の無理をしても、最後の力を振り絞る球児がほとんどだろう。なのに県予選はほとんど投げずに敗退、わずか1カ月後に行われた今大会で登板したのが高橋純平だ。

 地区予選で投げなかった理由は左太ももの肉離れ。患部を痛めたのはもちろん事実だし、今大会で登板しているのは状態が回復したからに他ならない。しかし、1カ月後に投げられるくらいのケガなら、なぜ高校生活の総決算ともいえる岐阜県大会で無理をしなかったのか。さるスカウトがこう言った。

「太ももの肉離れは無理をすればクセになりかねない。アスリートにとって重要な箇所だけに、本人は投げたくても『無理はするんじゃない』という声がかかったのでしょう。ただ、そうやってブレーキをかけたのがどこかのプロ球団だった可能性は否定できない。最後の地区予選で投げないというのは、ケガが重いということになる。高橋クラスならドラフトの1位入札が競合するのは間違いありませんけど、投げないことで競争率は下がりますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

もっと見る