• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高橋純平「U18W杯登板」と中日「即戦力指名」情報の“因果関係”

 高校球児にとって、最も力が入るのは3年夏の甲子園。高校生活の総決算でもある。多少の無理をしても、最後の力を振り絞る球児がほとんどだろう。なのに県予選はほとんど投げずに敗退、わずか1カ月後に行われた今大会で登板したのが高橋純平だ。

 地区予選で投げなかった理由は左太ももの肉離れ。患部を痛めたのはもちろん事実だし、今大会で登板しているのは状態が回復したからに他ならない。しかし、1カ月後に投げられるくらいのケガなら、なぜ高校生活の総決算ともいえる岐阜県大会で無理をしなかったのか。さるスカウトがこう言った。

「太ももの肉離れは無理をすればクセになりかねない。アスリートにとって重要な箇所だけに、本人は投げたくても『無理はするんじゃない』という声がかかったのでしょう。ただ、そうやってブレーキをかけたのがどこかのプロ球団だった可能性は否定できない。最後の地区予選で投げないというのは、ケガが重いということになる。高橋クラスならドラフトの1位入札が競合するのは間違いありませんけど、投げないことで競争率は下がりますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る