• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

左ヒジ炎症の小笠原を巨人が「2位指名」のウルトラC情報

「小笠原のヒジはそこまで悪いの?」
「いやいや三味線ではないか」

 プロのスカウトの目下の話題は、ドラフト1位候補、東海大相模の152キロ左腕・小笠原慎之介(17)である。

 9月30日、神奈川の東海大相模が夏の甲子園に続き、国体も制して2冠を達成。ボールボーイだった選手が2回戦で先発するほど、投手のやりくりに苦労する中、エースの小笠原は左ヒジの炎症のため、今大会は一度も登板しなかった。

「決勝後に小笠原を直撃すると、『ヒジ? 甲子園の決勝が終わってから違和感があった。その後のU―18ではあまり投げなかった? 西谷監督には言ってないけど、大学生(日本代表)に投げた時の状態を見て察してくれたんだと思う』とのこと。ドラフト1位候補で将来がある身。代表戦も国体も無理をさせたくないという周囲の気遣いが働いたとみられます」(アマチュア担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る