プロ志望届提出の高橋純平に早くも飛び交う“一本釣り”情報

公開日: 更新日:

巨人阪神が熱心みたいですけど、フタをあけたらどうなるかわかりませんよ」

 U-18日本代表に選出され、8日にプロ志望届を提出した今秋ドラフト1位候補の高橋純平(県岐阜商)について、パ球団のスカウトがこう言った。

 夏の予選前に左太ももを肉離れし、わずか1試合の登板に終わった高橋。U-18W杯では、高橋を狙う球団のスカウトが連日、球場に足を運び、故障の具合がどうなのか、しっかり投げられるのかという見定めを行った。すでに、撤退した球団もあるといわれる中、高橋に熱視線を送り続けたのが8日の試合が中止になった巨人と阪神だ。

 両球団は高橋とともに、夏の優勝投手の小笠原慎之介(東海大相模)を並行して1位候補にリストアップしている。小笠原は今大会、夏の甲子園の疲れもあったとはいえ、最大のライバルだった米国との2試合の先発を佐藤世那(仙台育英)に譲るなど、一部では評価を落としたとの声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  7. 7

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る