花巻東のドラ1同士 ハム大谷と西武雄星になぜ大差ついた?

公開日:  更新日:

 日本ハムの大谷翔平(21)と西武の菊池雄星(24)。26日、岩手・花巻東高OB同士のプロ3度目の投げ合いは、後輩の大谷に軍配が上がった。

 大谷は8回を5安打無失点に抑えて13勝目(3敗)。初回2死三塁で、中村に対するストレートは今季最速の161キロをマークした。一方の菊池は6回を6安打3失点で8敗目(7勝)を喫した。

 同じ高校の先輩後輩で、同じメジャー志向で、同じドラフト1位。右投げと左投げの違いはあっても、ともに素質があるのはだれもが認めるところだ。

 にもかかわらず、投手タイトルを総ナメにしそうな3年目の大谷に対して、6年目の菊池はいまだ2ケタ勝ったことがない。この差はなぜ生じたのか。

 大谷は菊池に憧れ、花巻東に進学したといわれている。しかし、実際は違う。大谷が中学3年生のとき、当時、花巻東の3年生だった菊池はセンバツ準優勝、夏の甲子園ベスト4で全国の話題をさらった。そんな3学年上の菊池に対し、大谷は強烈なライバル心を抱いた。進学先を花巻東に選び、同級生に「1年で超える」と言った。「超える」のが菊池の球速だったのか、投手としてのポテンシャルかは定かじゃないが、大谷は菊池より上に行くためにあえて同じ環境に身を置いたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る