花巻東のドラ1同士 ハム大谷と西武雄星になぜ大差ついた?

公開日:  更新日:

 日本ハムの大谷翔平(21)と西武の菊池雄星(24)。26日、岩手・花巻東高OB同士のプロ3度目の投げ合いは、後輩の大谷に軍配が上がった。

 大谷は8回を5安打無失点に抑えて13勝目(3敗)。初回2死三塁で、中村に対するストレートは今季最速の161キロをマークした。一方の菊池は6回を6安打3失点で8敗目(7勝)を喫した。

 同じ高校の先輩後輩で、同じメジャー志向で、同じドラフト1位。右投げと左投げの違いはあっても、ともに素質があるのはだれもが認めるところだ。

 にもかかわらず、投手タイトルを総ナメにしそうな3年目の大谷に対して、6年目の菊池はいまだ2ケタ勝ったことがない。この差はなぜ生じたのか。

 大谷は菊池に憧れ、花巻東に進学したといわれている。しかし、実際は違う。大谷が中学3年生のとき、当時、花巻東の3年生だった菊池はセンバツ準優勝、夏の甲子園ベスト4で全国の話題をさらった。そんな3学年上の菊池に対し、大谷は強烈なライバル心を抱いた。進学先を花巻東に選び、同級生に「1年で超える」と言った。「超える」のが菊池の球速だったのか、投手としてのポテンシャルかは定かじゃないが、大谷は菊池より上に行くためにあえて同じ環境に身を置いたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る