花巻東のドラ1同士 ハム大谷と西武雄星になぜ大差ついた?

公開日: 更新日:

 日本ハムの大谷翔平(21)と西武の菊池雄星(24)。26日、岩手・花巻東高OB同士のプロ3度目の投げ合いは、後輩の大谷に軍配が上がった。

 大谷は8回を5安打無失点に抑えて13勝目(3敗)。初回2死三塁で、中村に対するストレートは今季最速の161キロをマークした。一方の菊池は6回を6安打3失点で8敗目(7勝)を喫した。

 同じ高校の先輩後輩で、同じメジャー志向で、同じドラフト1位。右投げと左投げの違いはあっても、ともに素質があるのはだれもが認めるところだ。

 にもかかわらず、投手タイトルを総ナメにしそうな3年目の大谷に対して、6年目の菊池はいまだ2ケタ勝ったことがない。この差はなぜ生じたのか。

 大谷は菊池に憧れ、花巻東に進学したといわれている。しかし、実際は違う。大谷が中学3年生のとき、当時、花巻東の3年生だった菊池はセンバツ準優勝、夏の甲子園ベスト4で全国の話題をさらった。そんな3学年上の菊池に対し、大谷は強烈なライバル心を抱いた。進学先を花巻東に選び、同級生に「1年で超える」と言った。「超える」のが菊池の球速だったのか、投手としてのポテンシャルかは定かじゃないが、大谷は菊池より上に行くためにあえて同じ環境に身を置いたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  5. 5

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  6. 6

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  7. 7

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  8. 8

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る