• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム大谷が15勝も打率低迷 気になる「二刀流」来季の行方

 投手としての力量はもはやケチのつけようがない。

 日本ハムの大谷翔平(21)が27日のオリックス戦に先発。8回3安打、無失点、12奪三振で15勝目を挙げ、勝利数、防御率(2.24)、奪三振(196個)という投手3部門のタイトルを射程にとらえた。

「15勝は凄くうれしい。タイトル? あとからついてくると思うので。まだ登板もあるので精いっぱい頑張りたい」(大谷)

 試合後のヒーローインタビューでは個人タイトルより勝利優先を強調したものの、高卒3年目での15勝到達は09年の田中(ヤンキース)以来。日本ハムでは07年のダルビッシュ(レンジャーズ)に続く快挙になる。

 こうなると気になるのは、来季以降の「二刀流」の行方だ。

 投手として圧倒的な数字を残す一方、打者としてはパッとしない。開幕から昨季同様、登板間にDHとして出場しながら、打率は2割に満たない。7月7日を最後にスタメンから外れ、以後は代打に専念している。現在の打者成績は67試合で打率.208、5本塁打、17打点。外野守備も今季は一度も実現していない。大谷の「二刀流」は今季で見納めか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  3. 3

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  4. 4

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

  8. 8

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

もっと見る