日ハム大谷が15勝も打率低迷 気になる「二刀流」来季の行方

公開日: 更新日:

 投手としての力量はもはやケチのつけようがない。

 日本ハムの大谷翔平(21)が27日のオリックス戦に先発。8回3安打、無失点、12奪三振で15勝目を挙げ、勝利数、防御率(2.24)、奪三振(196個)という投手3部門のタイトルを射程にとらえた。

「15勝は凄くうれしい。タイトル? あとからついてくると思うので。まだ登板もあるので精いっぱい頑張りたい」(大谷)

 試合後のヒーローインタビューでは個人タイトルより勝利優先を強調したものの、高卒3年目での15勝到達は09年の田中(ヤンキース)以来。日本ハムでは07年のダルビッシュ(レンジャーズ)に続く快挙になる。

 こうなると気になるのは、来季以降の「二刀流」の行方だ。

 投手として圧倒的な数字を残す一方、打者としてはパッとしない。開幕から昨季同様、登板間にDHとして出場しながら、打率は2割に満たない。7月7日を最後にスタメンから外れ、以後は代打に専念している。現在の打者成績は67試合で打率.208、5本塁打、17打点。外野守備も今季は一度も実現していない。大谷の「二刀流」は今季で見納めか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  9. 9

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  10. 10

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る