4敗目大谷に米スカウト殺到 日ハムのメジャー容認はいつ?

公開日:  更新日:

 大谷翔平(21)の「メジャー志向」は広く知られている。ドラフトで日本ハムに1位指名されて翻意したものの、それまでは岩手の花巻東高から直接、メジャーに挑戦する意思を固めていた。本人はいまでも「いつかは挑戦してみたい」と話している。

 しかし、だからといって、すぐにメジャーに挑戦できるかどうかは別問題だ。大谷はいま、日本ハムの支配下選手で、このまま順調にいって海外FAを取得するのは6年後。その前に挑戦しようと思ったら、入札制度を利用するしかない。

 なのにメジャーの「大谷熱」は冷める気配すらない。

 6回7安打3失点で降板した2日のロッテ戦でもネット裏にはメジャースカウトの構えるスピードガンがズラリと並んだし、8月中旬にはダイヤモンドバックス球団社長補佐のランディ・ジョンソンが視察している。大谷が今オフ、あるいは来オフにでもメジャー挑戦するかのようなフィーバーぶりなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る