4敗目大谷に米スカウト殺到 日ハムのメジャー容認はいつ?

公開日:  更新日:

 大谷翔平(21)の「メジャー志向」は広く知られている。ドラフトで日本ハムに1位指名されて翻意したものの、それまでは岩手の花巻東高から直接、メジャーに挑戦する意思を固めていた。本人はいまでも「いつかは挑戦してみたい」と話している。

 しかし、だからといって、すぐにメジャーに挑戦できるかどうかは別問題だ。大谷はいま、日本ハムの支配下選手で、このまま順調にいって海外FAを取得するのは6年後。その前に挑戦しようと思ったら、入札制度を利用するしかない。

 なのにメジャーの「大谷熱」は冷める気配すらない。

 6回7安打3失点で降板した2日のロッテ戦でもネット裏にはメジャースカウトの構えるスピードガンがズラリと並んだし、8月中旬にはダイヤモンドバックス球団社長補佐のランディ・ジョンソンが視察している。大谷が今オフ、あるいは来オフにでもメジャー挑戦するかのようなフィーバーぶりなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  3. 3

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  9. 9

    ソフトB1位・甲斐野央がかなえた「父のもうひとつの夢」

  10. 10

    東京五輪マラソン「5時半スタート」案に陸連顧問が猛反論

もっと見る