ラグビー日本HCにジョセフ氏浮上 就任の現実度は?

公開日: 更新日:

 ラグビー日本代表の次期ヘッドコーチ(HC)の契約交渉に入ったといわれているのが元ニュージーランド(NZ)代表のジェイミー・ジョセフ氏(46)。今年、世界最高峰リーグ・スーパーラグビー(SR)「ハイランダーズ」を優勝に導いた監督だ。

 当初エディーの後任には、国内リーグ・パナソニックHCのロビー・ディーンズ氏(56)が有力視されていた。ディーンズ氏も元NZ代表で、SR「クルセイダーズ」(NZ)を率いて優勝5回。11年W杯は豪州代表監督で3位になっている。「日本のラグビーを知っていて、国際経験が豊富」という協会の条件をクリアし、就任発表は時間の問題とみられていたが、ラグビー協会からのオファーを今月断った。代表だけでなく、SRに新規参入する日本チームの「サンウルブズ」のHCにも「興味なし」と言った。

 ある関係者が言う。

「協会はNTTコムHCのロブ・ペニー氏(51)も口説けなかった。そこで白羽の矢を立てたのが、田中史朗(30=日本代表)も在籍するハイランダーズの指揮官です。ジョセフ氏は95年W杯はNZ代表で出場。その後来日してサニックス(福岡)でプレー。99年W杯は日本代表として出ている。監督ではW杯経験はないものの、今年はハイランダーズでSRに優勝している点が評価された。ただし、ジョセフ氏は管理ラグビーのエディーとは対照的。明るくおおらかな性格です。その点がどう出るか。しかも、ハイランダーズとの契約が16年まで残っている。それを引き抜くことになれば、先方に違約金を払わなければならない。ご破算になることも考えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る