• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

関西勢に16季ぶり黒星 名門早大ラグビー部“瀕死”の原因は

 OBの五郎丸も泣いている――。ラグビーの全国大学選手権は13日、2次リーグが始まり、7連覇を狙う帝京大は法大に66-7で圧勝。関東対抗戦で帝京大と優勝を分け合った明大も京産大に53-14で大勝した。

 そんな中、昨年は正月の風物詩でもある大学4強にも進めなかった名門・早大が衰退の一途をたどっている。この日、天理大に10-14で敗れて黒星発進。関西勢には16季ぶりの黒星を喫した。4位だった対抗戦も散々で、帝京大にはなんと同大学の対抗戦史上最多の92失点、77点差を喫する屈辱的大敗だった。

 かつては狙った選手は逃さなかった早大が、花園のスター選手から敬遠される傾向があるという。早大ラグビー部OBがこう嘆く。

「早大はもともとスポーツ推薦枠が少なくて、運動部全体の3割程度しかいないというのが早大関係者の言い分。それでも強かった頃は、高校日本代表クラスの狙った選手は必ずといっていいほど入学していた。それが今、強豪高校の監督が、トップリーグでラグビーを続け、日本代表を目指すなら、環境面やラグビーに理論的に取り組んでいる帝京大をこぞって推薦しているのが現実です。今年の対抗戦で帝京大を破るなど、近年力をつけている国立の筑波大もスポーツ推薦で人気。ここでも早大は後塵を拝していて、後藤監督が『選手層が薄い』と嘆く苦戦の元凶となっているのです」

 15度の大学選手権優勝を誇る伝統の赤黒ジャージーが今、瀕死の状態に直面している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

もっと見る