関西勢に16季ぶり黒星 名門早大ラグビー部“瀕死”の原因は

公開日: 更新日:

 OBの五郎丸も泣いている――。ラグビーの全国大学選手権は13日、2次リーグが始まり、7連覇を狙う帝京大は法大に66-7で圧勝。関東対抗戦で帝京大と優勝を分け合った明大も京産大に53-14で大勝した。

 そんな中、昨年は正月の風物詩でもある大学4強にも進めなかった名門・早大が衰退の一途をたどっている。この日、天理大に10-14で敗れて黒星発進。関西勢には16季ぶりの黒星を喫した。4位だった対抗戦も散々で、帝京大にはなんと同大学の対抗戦史上最多の92失点、77点差を喫する屈辱的大敗だった。

 かつては狙った選手は逃さなかった早大が、花園のスター選手から敬遠される傾向があるという。早大ラグビー部OBがこう嘆く。

「早大はもともとスポーツ推薦枠が少なくて、運動部全体の3割程度しかいないというのが早大関係者の言い分。それでも強かった頃は、高校日本代表クラスの狙った選手は必ずといっていいほど入学していた。それが今、強豪高校の監督が、トップリーグでラグビーを続け、日本代表を目指すなら、環境面やラグビーに理論的に取り組んでいる帝京大をこぞって推薦しているのが現実です。今年の対抗戦で帝京大を破るなど、近年力をつけている国立の筑波大もスポーツ推薦で人気。ここでも早大は後塵を拝していて、後藤監督が『選手層が薄い』と嘆く苦戦の元凶となっているのです」

 15度の大学選手権優勝を誇る伝統の赤黒ジャージーが今、瀕死の状態に直面している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  10. 10

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

もっと見る