• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラグビー日本代表次期HC 「最終名簿」に残った5人の名前

「ジャパンにはディーンズがいるじゃないか?」

 W杯イングランド大会を現地取材したある記者は、外国メディアからこう言われたという。

 日本ラグビー協会は25日に理事会を開き、日本代表のエディー・ジョーンズ・へッドコーチ(HC)の後任候補を5人程度に絞り込んだ。今週から候補者との交渉に入り、12月17日の理事会で決定される模様だ。

 本命視されているのは、海外メディアが「彼で決まりでしょ」といった、パナソニックHCのロビー・ディーンズ(56)だ。

 日本協会は次期HCについて、日本のラグビーを知っていて国際経験があることなどを条件にしている。元ニュージーランド(NZ)代表のディーンズ氏は、クルセイダーズ(NZ)でスーパーラグビー優勝5回、11年W杯ではニュージーランド人として初めて豪州代表を率い、3位に導いた名将だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事