五輪切符獲得の女子ラグビー リオで「五郎丸」は現れるのか

公開日:  更新日:

「五輪ならメダルの可能性はある」

 関係者たちは、皆そう思っているという。

 ラグビー7人制(セブンズ)女子のリオ五輪アジア予選第2戦(日本大会最終日、東京・秩父宮)は29日に行われ、日本は決勝戦でカザフスタンに14-7で勝利。香港での1、2戦の合計ランキングポイントで最上位となり、五輪キップを手にしたことで、男子とのアベック出場が決定した。

 かつては五輪競技だったラグビー(男子のみ)も、1924年を最後に除外。来年のリオ五輪から男女とも7人制での復帰が決まった。女子はW杯の実績を見ても、イングランド、ニュージーランド、フランス、オーストラリアなど、強豪国は男子とほぼ同じ。日本女子は02年大会でW杯2勝目を挙げたものの、その後3大会連続で出場権を逃した。

 しかし、7人制は15人制ラグビーとは別の競技といっても過言ではない。フィールドのサイズは15人制と同じでも、フォワード(FW)3人、バックス4人。試合は7分ハーフ(ハーフタイム2分)で、決勝だけ10分ハーフ。そのため普通は1日に数試合行われる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る