ラグビー日本代表「報奨金」は強豪国に完敗…NZは1億円超も

公開日: 更新日:

 ラグビーW杯(イングランド)で優勝候補の一角である南アフリカを下して世界のラグビー界に衝撃を与えた日本代表。スコットランドに敗れて1次リーグを1勝1敗とし、残るサモア戦(日本時間10月3日)、米国戦(同10月12日)で初の決勝トーナメント進出に望みをかける。

 日本は最新の世界ランキングで11位と出場国の中では下位グループに属するが、各国の報奨金事情はどうなっているのか。

 ここに来て複数の英国メディアが強豪国の報奨金事情を伝えており、それによると最もボーナスが高額なのはイングランド。地元開催で03年大会以来2度目の優勝を目指すラグビーの宗主国は今大会を制覇すれば、ひとりあたり35万ドル(約4200万円)が支払われる。

 オセアニアのライバル同士である豪州とニュージーランド(NZ)は優勝ボーナスの額でも互いに譲らない。両国とも25万ドル(約3000万円)が選手の懐に入る。「オールブラックス」の愛称で親しまれるNZは、1勝につき10万ドル(約1200万円)の勝利給も付くという。1次リーグを4戦全勝で勝ち上がり、3個目のエリスカップ(W杯の優勝トロフィー)を獲得すれば、優勝ボーナスと合わせてひとりにつき1億1400万円を手にする計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る