日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

40歳でメジャー狙う岡島に朗報 マエケンと“セット”獲得案

 メジャー復帰を目指すベテラン左腕がにわかに注目を集めている。

 07年には松坂大輔(現ソフトバンク)とともにレッドソックスの世界一に貢献した岡島秀樹(40)のことだ。今季終了後、DeNAを自由契約になった中継ぎ左腕はメジャーでのプレーを希望。すでに米国時代の代理人であるジョー・ローゼン氏が複数の球団に売り込みを図っているという。

 主にセットアッパーとして通算6年間で266試合に登板し、17勝8敗、6セーブ、84ホールドをマーク。レッドソックス時代には守護神へのつなぎ役として活躍したが、25日で40回目の誕生日を迎えたベテランにメジャーからのオファーは期待しにくい。岡島には厳しい交渉も予想されるが、ここにきて朗報である。

 実は複数の球団がセットアッパー候補としてリストアップしているというのだ。メジャーでも貴重な左腕なだけに戦力として計算するのはもちろん、他にも重要な役割が期待されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事