40歳でメジャー狙う岡島に朗報 マエケンと“セット”獲得案

公開日: 更新日:

 メジャー復帰を目指すベテラン左腕がにわかに注目を集めている。

 07年には松坂大輔(現ソフトバンク)とともにレッドソックスの世界一に貢献した岡島秀樹(40)のことだ。今季終了後、DeNAを自由契約になった中継ぎ左腕はメジャーでのプレーを希望。すでに米国時代の代理人であるジョー・ローゼン氏が複数の球団に売り込みを図っているという。

 主にセットアッパーとして通算6年間で266試合に登板し、17勝8敗、6セーブ、84ホールドをマーク。レッドソックス時代には守護神へのつなぎ役として活躍したが、25日で40回目の誕生日を迎えたベテランにメジャーからのオファーは期待しにくい。岡島には厳しい交渉も予想されるが、ここにきて朗報である。

 実は複数の球団がセットアッパー候補としてリストアップしているというのだ。メジャーでも貴重な左腕なだけに戦力として計算するのはもちろん、他にも重要な役割が期待されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る