「一切オファーはない」 ソフトB退団の松中信彦が胸中語る

公開日:  更新日:

 今季9試合に出場してわずか1安打。てっきり引退かと思いきや、まさかの退団宣言だ。04年には三冠王を獲得したチームの功労者はなぜ、ホークスを去るのか。他球団からのオファーはあるのか。本人を直撃した。

――引退が噂される中、自ら自由契約を申し出ての退団。改めて経緯を教えてください。

「みなさんも驚かれたと思いますけど……。まあ、いろいろな思いがあって退団という道を選びました。優勝の瞬間にいられなかったですし、今のチームは若い子がどんどん出てきて戦力も豊富。僕がそこに割って入るのは難しい。今後もチャンスはないだろうなと。ただ、ここで引退して後悔はしたくない。引退するという区切りはつけられなかったということです」

――ホークス一筋19年で三冠王を獲得したほどの実績もある。どこかの球団から話があったから、現役を続けようと思ったのではないですか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る