マエケンは米到着も 有力球団「争奪戦」続々撤退の不可解

公開日: 更新日:

 遅々として進まない事態にしびれを切らしたのか。広島からポスティングシステムでメジャー移籍を目指す前田健太(27)が14日、羽田空港から深夜便で渡米。米西海岸時間14日(日本時間15日)、ロサンゼルス空港に到着した。代理人を務めるアダム・カッツ氏と今後の方針について話し合うとみられる。

 それにしても不可解だ。日本のマスコミが「大争奪戦」と煽っていた前田に大リーグ各球団が入札した気配すらないのだ。

 これまで前田には複数の球団が獲得に向けて調査を続けてきた。中でもダイヤモンドバックスは今年8月に球団幹部がこぞって来日し、前田の登板を視察。スチュワートGMは、「どの球団も欲しがる投手なのは間違いない。今オフの補強のトップターゲットで、当然、我々のリストにも入っている」と公言し、移籍先の最有力候補とみられていた。しかし、サイ・ヤング賞右腕のザック・グリンキー(前ドジャース)を6年総額2億650万ドル(約250億円)で獲得した途端にトーンダウン。スチュワートGMは「以前ほどの関心はなくなった。積極的に動くことはないだろう」と冷たく言い放っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  4. 4

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  8. 8

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  9. 9

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  10. 10

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

もっと見る