マエケンは米到着も 有力球団「争奪戦」続々撤退の不可解

公開日:  更新日:

 遅々として進まない事態にしびれを切らしたのか。広島からポスティングシステムでメジャー移籍を目指す前田健太(27)が14日、羽田空港から深夜便で渡米。米西海岸時間14日(日本時間15日)、ロサンゼルス空港に到着した。代理人を務めるアダム・カッツ氏と今後の方針について話し合うとみられる。

 それにしても不可解だ。日本のマスコミが「大争奪戦」と煽っていた前田に大リーグ各球団が入札した気配すらないのだ。

 これまで前田には複数の球団が獲得に向けて調査を続けてきた。中でもダイヤモンドバックスは今年8月に球団幹部がこぞって来日し、前田の登板を視察。スチュワートGMは、「どの球団も欲しがる投手なのは間違いない。今オフの補強のトップターゲットで、当然、我々のリストにも入っている」と公言し、移籍先の最有力候補とみられていた。しかし、サイ・ヤング賞右腕のザック・グリンキー(前ドジャース)を6年総額2億650万ドル(約250億円)で獲得した途端にトーンダウン。スチュワートGMは「以前ほどの関心はなくなった。積極的に動くことはないだろう」と冷たく言い放っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る