マエケンは米到着も 有力球団「争奪戦」続々撤退の不可解

公開日: 更新日:

 遅々として進まない事態にしびれを切らしたのか。広島からポスティングシステムでメジャー移籍を目指す前田健太(27)が14日、羽田空港から深夜便で渡米。米西海岸時間14日(日本時間15日)、ロサンゼルス空港に到着した。代理人を務めるアダム・カッツ氏と今後の方針について話し合うとみられる。

 それにしても不可解だ。日本のマスコミが「大争奪戦」と煽っていた前田に大リーグ各球団が入札した気配すらないのだ。

 これまで前田には複数の球団が獲得に向けて調査を続けてきた。中でもダイヤモンドバックスは今年8月に球団幹部がこぞって来日し、前田の登板を視察。スチュワートGMは、「どの球団も欲しがる投手なのは間違いない。今オフの補強のトップターゲットで、当然、我々のリストにも入っている」と公言し、移籍先の最有力候補とみられていた。しかし、サイ・ヤング賞右腕のザック・グリンキー(前ドジャース)を6年総額2億650万ドル(約250億円)で獲得した途端にトーンダウン。スチュワートGMは「以前ほどの関心はなくなった。積極的に動くことはないだろう」と冷たく言い放っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る