すべてが“予定調和” ソフトB残留で松田はまんまと大儲け

公開日:  更新日:

 結局、元のさやに収まった。

 海外FA権を行使してメジャー挑戦を目指していたソフトバンクの松田宣浩(32)が、24日に残留表明。4年16億円プラス出来高、条件をすべてクリアすれば最大25億円にも及ぶ破格の契約で古巣と合意した。

 会見では「メジャーに行きたいという気持ちもあったが、20日に王会長から『一緒にやろう』という連絡があった。メジャーかホークスの二択で、ホークスを選びました」と話した松田。主力流出の危機を免れた球団もこれで一安心……と、言いたいところだが、ある球団スタッフは「こうなることはわかっていた」と、こう続ける。

「もし、松田が本気ならば三塁の後釜を探す必要があったが、球団は何も手をつけていない。最初から残留するものと踏んでいたからです。松田は親しい選手や職員には、『自分の価値を下げてまでメジャーに行く気はない』と話していた。価値とはつまり、年俸です。年俸じゃハナから勝負になりませんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る