スポーツ関連予算に血税324億円 使い道に疑問の声噴出

公開日: 更新日:

 税金で「育成」しているのは選手だけではない。

 24日に閣議決定された来年度の予算案も、五輪重視がクッキリ出た。今年度のスポーツ関連予算も過去最高の290億円だったが、さらに34億円(約12%)増額の324億円となった。

 これは、20年東京五輪に向けての選手強化や発掘・育成費が13億円増の87億円に増えたことなどが要因だ。政府は東京五輪で金メダル25~30個で世界5位以内を目指し、財政面でバックアップを約束。スポーツ庁の鈴木大地長官は、「各省庁が軒並み予算を削られている中、昨年に引き続き10%(以上)の伸び。期待と責任も大きくなる」と語った。

 1000兆円もの借金があるといわれる国が、毎年300億円もスポーツ関連に税金を投入し、東京五輪でのメダル量産につなげようとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  6. 6

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

もっと見る