日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

澤穂希の影も レスリング吉田沙保里「フリー宣言」の裏側

「来年からはフリーという立場でいろんなことにチャレンジしたい」

 女子レスリングで五輪3連覇中の吉田沙保里(33)が突然のフリー宣言である。

 24日、都内で会見した吉田は所属先のALSOKを年内いっぱいで退社すると発表。今後の所属先は未定で、当面は母校の中京女子大(現至学館大)を練習拠点にして来年のリオ五輪での4連覇を目指すという。

 前日の全日本選手権では13連覇を達成し、リオ五輪出場が確定したばかり。五輪史上初の女子4連覇がかかる「霊長類最強の女」は、「日本人では(男子も含めて4連覇は)いないので、集中して頑張っていかないと」と4個目の金メダル獲得に意欲を見せた。

 リオ五輪開幕が8カ月後に迫った今、所属先を辞めれば、何かとリスクも伴う。「(入社して)10年間の節目でけじめをつけたかった」と説明したが、引退後の第2の人生を見据えてのものであるのは明らかだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事