周囲が理由詮索 “平常運転”のオリ金子に年俸5億円の呪縛

公開日: 更新日:

「まるでフツーの投手みたい」とは、キャンプ地を訪れた評論家の弁。オリックスの金子千尋(32)が定期的にブルペンに入る姿に驚いたのだ。

 金子といえば、マイペース調整が代名詞。ここ数年のキャンプではブルペンはおろか、開幕まで実戦にもほとんど投げなかった。それでいて、13年は15勝、200奪三振。14年は最多勝と最優秀防御率の2冠を手にし、沢村賞にも輝いた。

 それが今季は違う。ブルペンに何度も足を運び、キャンプ終盤には韓国斗山との練習試合に登板。金子が2月に実戦登板したのは、6年前の10年以来のことだった。

「金子は14年オフに4年20億円という破格の大型契約を結びながら、昨季は7勝6敗。頻繁に故障して、離脱を繰り返した。さすがに年俸5億円の選手が独自調整に失敗した揚げ句、2年続けてダメでしたでは言い訳できない。フツーの調整法はそういう背景があるんじゃないか」(冒頭の評論家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  9. 9

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る