日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽天で復活期す栗原が決意 「ダメなら辞める覚悟でいる」

 広島で4番を務めた栗原健太(34)、09年にはWBC日本代表選手にも選出。かつて長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督から「球界を代表する打者になれる」と言われたスラッガーはその後、度重なるケガに悩まされ、出場機会が激減。ここ2年間は二軍暮らしが続いた。昨季オフ、広島を自由契約になり、楽天にテスト入団。復活に懸ける意気込みを聞いた。

――新天地で迎えたキャンプ、オープン戦はいかがですか。

「問題なく、順調に来てます。体調もいいですし、チームにもちょっとずつ慣れてきて、いい雰囲気でやらせてもらっています。これまでヒジを3回手術しました。それから思うようなバッティングができず、随分苦労しました。でももう大丈夫です」

――08年から痛みをこらえながら試合に出続けたそうですが、なぜそこまでしたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事