楽天で復活期す栗原が決意 「ダメなら辞める覚悟でいる」

公開日: 更新日:

 広島で4番を務めた栗原健太(34)、09年にはWBC日本代表選手にも選出。かつて長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督から「球界を代表する打者になれる」と言われたスラッガーはその後、度重なるケガに悩まされ、出場機会が激減。ここ2年間は二軍暮らしが続いた。昨季オフ、広島を自由契約になり、楽天にテスト入団。復活に懸ける意気込みを聞いた。

――新天地で迎えたキャンプ、オープン戦はいかがですか。

「問題なく、順調に来てます。体調もいいですし、チームにもちょっとずつ慣れてきて、いい雰囲気でやらせてもらっています。これまでヒジを3回手術しました。それから思うようなバッティングができず、随分苦労しました。でももう大丈夫です」

――08年から痛みをこらえながら試合に出続けたそうですが、なぜそこまでしたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    深キョンもびっくり?田中みな実キャラ変で絶好調の新境地

  3. 3

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  4. 4

    正直大変…水野美紀さんはまともに目を合わせるとヤラレル

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

  7. 7

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  8. 8

    組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

  9. 9

    巨人はグラリ…ドラ1指名は大船渡・佐々木か星陵・奥川か

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希は「U18日本代表を辞退すべき」の根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る