ケガ再発懸念絶えず オリ金子「年俸5億円」の不良債権度

公開日:  更新日:

「球界で一番稼いでいる選手」と言われても、ピンとくるファンは少ないだろう。

 14日、オリックスの金子千尋(32)が契約を更改した。今季は開幕出遅れに加えて2度の登録抹消もあり、16試合で7勝6敗、防御率3.19。チームは5位と低迷したこともあって大幅ダウンが当然だが、昨オフに4年総額20億円の複数年契約を結んでいたため、現状維持の年俸5億円にサインをした。

 今オフは年俸5億1000万円だった阿部、5億円の杉内と巨人の2選手が大幅ダウン。球界最高年俸に躍り出たわけだが、さすがに金子もこの成績で5億円はバツが悪かったのか、交渉の席で「期待に応えられず、申し訳ありません」と球団に謝罪。会見では「来年は1年間通して投げたい」と意気込んだ。

 しかし、ケガの心配は来季も絶えない。金子はプロ入り前から右ヒジの故障を抱えており、利き腕を中心に故障は数え切れず。オフに行った右ヒジ手術も、プロ入りしてから2回目。これまでもわき腹や右上腕部を痛めており、今季は首と右肩の不調を理由に登録を抹消された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る