ケガ再発懸念絶えず オリ金子「年俸5億円」の不良債権度

公開日:  更新日:

「球界で一番稼いでいる選手」と言われても、ピンとくるファンは少ないだろう。

 14日、オリックスの金子千尋(32)が契約を更改した。今季は開幕出遅れに加えて2度の登録抹消もあり、16試合で7勝6敗、防御率3.19。チームは5位と低迷したこともあって大幅ダウンが当然だが、昨オフに4年総額20億円の複数年契約を結んでいたため、現状維持の年俸5億円にサインをした。

 今オフは年俸5億1000万円だった阿部、5億円の杉内と巨人の2選手が大幅ダウン。球界最高年俸に躍り出たわけだが、さすがに金子もこの成績で5億円はバツが悪かったのか、交渉の席で「期待に応えられず、申し訳ありません」と球団に謝罪。会見では「来年は1年間通して投げたい」と意気込んだ。

 しかし、ケガの心配は来季も絶えない。金子はプロ入り前から右ヒジの故障を抱えており、利き腕を中心に故障は数え切れず。オフに行った右ヒジ手術も、プロ入りしてから2回目。これまでもわき腹や右上腕部を痛めており、今季は首と右肩の不調を理由に登録を抹消された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る