また炎上ハム斎藤佑…崖っぷちでも4年前と変わらぬ課題

公開日: 更新日:

 必死で流す汗を裏切るかどうかは、本人の考え方次第だ。

 プロ6年目に突入した、10年ドラ1の日本ハム斎藤佑樹(27)。昨季は1勝3敗、防御率5.74という不甲斐ない成績でシーズンを終えた。いよいよ崖っぷちということは斎藤自身もわかっていようが、2月のアリゾナキャンプで登板した紅白戦、韓国ロッテとの練習試合ではいずれも炎上。本人の意気込みと裏腹に、結果がついてこない。沖縄キャンプでは、連日のように居残り練習。誰もいないブルペンで、ひたすらフォーム固めに精を出していた。

 黒木投手コーチは「イニングごとに良いフォーム、悪いフォームと分かれてしまっている」と解説。原因は体重移動にあると考え、「最初から腹に力を入れないで! 踏み込んだ瞬間に力を入れるとスムーズにいくぞ。腕もアーム式で振るくらい、極端でいいから」とアドバイスを送っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  4. 4

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る