• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

また炎上ハム斎藤佑…崖っぷちでも4年前と変わらぬ課題

 必死で流す汗を裏切るかどうかは、本人の考え方次第だ。

 プロ6年目に突入した、10年ドラ1の日本ハム斎藤佑樹(27)。昨季は1勝3敗、防御率5.74という不甲斐ない成績でシーズンを終えた。いよいよ崖っぷちということは斎藤自身もわかっていようが、2月のアリゾナキャンプで登板した紅白戦、韓国ロッテとの練習試合ではいずれも炎上。本人の意気込みと裏腹に、結果がついてこない。沖縄キャンプでは、連日のように居残り練習。誰もいないブルペンで、ひたすらフォーム固めに精を出していた。

 黒木投手コーチは「イニングごとに良いフォーム、悪いフォームと分かれてしまっている」と解説。原因は体重移動にあると考え、「最初から腹に力を入れないで! 踏み込んだ瞬間に力を入れるとスムーズにいくぞ。腕もアーム式で振るくらい、極端でいいから」とアドバイスを送っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る