右肩回復アピールも…ソフトB松坂は“全身関節不全”の恐れ

公開日:  更新日:

 キャンプ序盤から、しきりに順調さをアピールしているのが、右肩手術からの復活を目指すソフトバンクの松坂大輔(35)だ。

 18日はキャッチボールで調整。ブルペンには入らなかったものの、投球を意識した強めのボールを投げるひと幕も。練習後の本人は「状態はいいです」と笑顔すら浮かべた。

 2日前には打撃投手に登板。「下半身主導のフォームで投げられています」とも話している。

 3年契約1年目の昨季は右肩の故障などもあって一軍登板ゼロ。8月に右肩を手術したこともあって、今季は順調というのだが、「悪いのは右肩だけではないと聞いています」とマスコミ関係者がこう続ける。

「右肩、右肘の関節に加えて、股関節の状態も悪いというのです。そんな病名があるのかどうか分かりませんけど、全身関節不全という人も中にはいます。とにかく体中の関節という関節がおかしくなっているらしい。中でも股関節は、09年のWBC前から痛めていた古傷ですからね。投手にとって最も大切な箇所だし、完治していないようなら思うようなピッチングもできるはずがない。股関節をかばって投げていれば、肩や肘にも、とてつもなく大きな負荷がかかりますから」

 本人が「感触はいい」と言い続けても、まだまだ信用するわけにはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

もっと見る