右肩回復アピールも…ソフトB松坂は“全身関節不全”の恐れ

公開日: 更新日:

 キャンプ序盤から、しきりに順調さをアピールしているのが、右肩手術からの復活を目指すソフトバンクの松坂大輔(35)だ。

 18日はキャッチボールで調整。ブルペンには入らなかったものの、投球を意識した強めのボールを投げるひと幕も。練習後の本人は「状態はいいです」と笑顔すら浮かべた。

 2日前には打撃投手に登板。「下半身主導のフォームで投げられています」とも話している。

 3年契約1年目の昨季は右肩の故障などもあって一軍登板ゼロ。8月に右肩を手術したこともあって、今季は順調というのだが、「悪いのは右肩だけではないと聞いています」とマスコミ関係者がこう続ける。

「右肩、右肘の関節に加えて、股関節の状態も悪いというのです。そんな病名があるのかどうか分かりませんけど、全身関節不全という人も中にはいます。とにかく体中の関節という関節がおかしくなっているらしい。中でも股関節は、09年のWBC前から痛めていた古傷ですからね。投手にとって最も大切な箇所だし、完治していないようなら思うようなピッチングもできるはずがない。股関節をかばって投げていれば、肩や肘にも、とてつもなく大きな負荷がかかりますから」

 本人が「感触はいい」と言い続けても、まだまだ信用するわけにはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  6. 6

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る