<第4回>佐々木監督とJFA女子委員会が“犬猿の仲”では…

公開日: 更新日:

 男子五輪代表がミラクル勝利を重ね、リオ五輪アジア最終予選を優勝で突破した際、協会関係者が「男子五輪にラッキーが集中。フットサル代表がW杯予選で、女子代表が五輪予選で不運な結果にならなければいいが……」と話していたものだ。予感は的中した。

 フットサルは出場権5位以内に入れず、なでしこジャパンは予選途中で敗退決定。予選最終試合の北朝鮮戦(9日)で2勝目を挙げたが、何ともむなしい勝利となった。

 初戦のオーストラリア戦の完敗が、なでしこの歯車を狂わせた。

 オーストラリア戦キックオフ直後、選手たちは心の中で「話が違う!」と叫んだはずである。

 直前合宿で佐々木監督(57)は「フィジカルと高さを武器にクロスを放り込んでくる」と選手に伝え、その対策に多くの時間を費やし、試合では身長187センチのGK山根(25)を先発起用。ハイボールに備えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る