<第4回>佐々木監督とJFA女子委員会が“犬猿の仲”では…

公開日: 更新日:

 男子五輪代表がミラクル勝利を重ね、リオ五輪アジア最終予選を優勝で突破した際、協会関係者が「男子五輪にラッキーが集中。フットサル代表がW杯予選で、女子代表が五輪予選で不運な結果にならなければいいが……」と話していたものだ。予感は的中した。

 フットサルは出場権5位以内に入れず、なでしこジャパンは予選途中で敗退決定。予選最終試合の北朝鮮戦(9日)で2勝目を挙げたが、何ともむなしい勝利となった。

 初戦のオーストラリア戦の完敗が、なでしこの歯車を狂わせた。

 オーストラリア戦キックオフ直後、選手たちは心の中で「話が違う!」と叫んだはずである。

 直前合宿で佐々木監督(57)は「フィジカルと高さを武器にクロスを放り込んでくる」と選手に伝え、その対策に多くの時間を費やし、試合では身長187センチのGK山根(25)を先発起用。ハイボールに備えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  6. 6

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

もっと見る