<第4回>佐々木監督とJFA女子委員会が“犬猿の仲”では…

公開日:  更新日:

 男子五輪代表がミラクル勝利を重ね、リオ五輪アジア最終予選を優勝で突破した際、協会関係者が「男子五輪にラッキーが集中。フットサル代表がW杯予選で、女子代表が五輪予選で不運な結果にならなければいいが……」と話していたものだ。予感は的中した。

 フットサルは出場権5位以内に入れず、なでしこジャパンは予選途中で敗退決定。予選最終試合の北朝鮮戦(9日)で2勝目を挙げたが、何ともむなしい勝利となった。

 初戦のオーストラリア戦の完敗が、なでしこの歯車を狂わせた。

 オーストラリア戦キックオフ直後、選手たちは心の中で「話が違う!」と叫んだはずである。

 直前合宿で佐々木監督(57)は「フィジカルと高さを武器にクロスを放り込んでくる」と選手に伝え、その対策に多くの時間を費やし、試合では身長187センチのGK山根(25)を先発起用。ハイボールに備えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る