<第2回>米国女子代表監督を招聘しなかった協会の罪

公開日:  更新日:

 4戦目のベトナム戦(7日午後7時35分開始)前に中国が韓国を1―0で破り、勝ち点を10に伸ばした瞬間、なでしこの4大会連続五輪出場は雲散霧消した。

 11年ドイツW杯優勝を皮切りに世界トップで存在感を示してきたが、まるでブレーキの壊れた車が急坂を転げ落ちるように暴走し、奈落の底に沈み込んでしまった。

 なでしこ突然の凋落の原因は何か? 少なくとも08年から続いた佐々木則夫監督(57)の長期政権がマンネリを呼び込み、チームの弱体化を招いたのは間違いないだろう。

 NTT関東(現J1大宮)の強化部長、ユース監督などを歴任していた佐々木監督は、旧知の大橋浩司なでしこ監督(当時)から「手伝って欲しい」と誘われ、大宮のトップチーム監督など引き合いがなかっただけに渡りに船とばかりに女子サッカー界に転身した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  7. 7

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    引退から10年…元アイドル小阪由佳が子供たちに捧げる理由

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る