<第2回>米国女子代表監督を招聘しなかった協会の罪

公開日: 更新日:

 4戦目のベトナム戦(7日午後7時35分開始)前に中国が韓国を1―0で破り、勝ち点を10に伸ばした瞬間、なでしこの4大会連続五輪出場は雲散霧消した。

 11年ドイツW杯優勝を皮切りに世界トップで存在感を示してきたが、まるでブレーキの壊れた車が急坂を転げ落ちるように暴走し、奈落の底に沈み込んでしまった。

 なでしこ突然の凋落の原因は何か? 少なくとも08年から続いた佐々木則夫監督(57)の長期政権がマンネリを呼び込み、チームの弱体化を招いたのは間違いないだろう。

 NTT関東(現J1大宮)の強化部長、ユース監督などを歴任していた佐々木監督は、旧知の大橋浩司なでしこ監督(当時)から「手伝って欲しい」と誘われ、大宮のトップチーム監督など引き合いがなかっただけに渡りに船とばかりに女子サッカー界に転身した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る