<第1回>「ノリオは何やってんの?」と選手からブーイング

公開日: 更新日:

 なでしこジャパンのユニホーム左胸の日の丸とサッカー協会エンブレムとの間に「☆」マークが入っている。11年ドイツW杯を制して世界女王に輝いた証しである。その後12年ロンドン五輪銀メダル、15年カナダW杯準優勝と世界トップに君臨したなでしこが、リオ五輪アジア最終予選で大苦戦している。なでしこはなぜここまで急速に枯れ果て、無残にも散ろうとしているのか――。

 今アジア予選初戦のオーストラリア戦(2月29日)を1-3で落とした翌日、なでしこは大阪府堺市でトレーニングを行った。選手たちはカラ元気とはいえ、笑みを浮かべながら練習メニューをこなした。しかし、佐々木則夫監督(57)は、選手たちのいる場所から離れたところにたたずみ、ずっと渋面を浮かべていた。

「佐々木監督は監督然として偉ぶるタイプではなく、オヤジギャグを交えながら選手たちとの距離感を縮め、11年ドイツW杯の頃まではフレンドリーな関係性を保ち、これがチーム力のアップにプラスに作用していた。ところが、ロンドン五輪の前には、指揮官と選手との間に広くて深いミゾができてしまい、それから悪化の一途をたどっていった」(サッカージャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る