マリナーズ岩隈が5失点 「体調とボール問題ない」と言い訳

公開日: 更新日:

 ベテラン右腕がKOされた。

 マリナーズ・岩隈久志(34)が16日(日本時間17日)のジャイアンツ戦に登板。2回3分の2を7安打5失点、2四球。予定のイニング、球数をこなすことなく降板を命じられた。

 岩隈は好打者が揃うジャイアンツを相手に見事な立ち上がりを見せた。スパン、パニック、ポージーと続くメジャーを代表する上位打線を3者凡退に仕留める。持ち前の制球力は冴えたが、二回1死一、二塁からトムリンソンを三ゴロに仕留めたが、三塁のサーディナスが悪送球。味方の拙守でピンチを広げると、連打で2点を失う。

 三回も立ち直る兆しさえ見せない。1死一塁からクロフォード、パガンに連続二塁打を浴びて2点を追加されると、後続に右前打されたところで、ストットルマイヤー投手コーチが慌ててベンチから飛び出して交代を告げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る