• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松坂も渡米初年に洗礼…マエケンを待つ球審の“新人いじめ”

 オープン戦での好投が続くルーキー右腕に難題が持ち上がった。

 ドジャース・前田健太(27)が10日(日本時間11日)のアスレチックス戦で3回を2安打無失点。オープン戦初勝利をマークしたが、メジャーの洗礼を浴びた。

 この日、主審を務めたアルフォンゾ・マーキスはストライクゾーンが狭く、外角の微妙なコースはことごとくボールの判定。一回を投げ終え、バッテリーを組んだベテラン捕手のエリス(34)から「今日のアンパイアはストライクゾーンが極端に狭い」とアドバイスされて二回以降は対応できたという。

 マーキス球審は相手投手にも同様に厳しい判定だったが、メジャーでは審判の新人いじめとも取れる嫌がらせが珍しくない。

 新人投手の場合、極端にストライクゾーンが狭くなり、際どいコースは片っ端からボールと判定される。審判の中には差別主義者もいて、アジア人選手に対して厳しいジャッジを下す者も少なくないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  7. 7

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  8. 8

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る