日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

岩隈を「1年12.1億円」で買い叩いたマリナーズの手練手管

「マリナーズもうまいことやったもんだ」――。

 今、メジャー関係者の間ではこんな話でもちきりだという。今オフ、FAになったエース格の岩隈久志(34)を安く買い叩いたからだ。

 岩隈は、マリナーズのクオリファイング・オファー(QO、1580万ドル=約19億4340万円)を蹴ってFAに。

 今月6日にドジャースと「3年総額4500万ドル(約54億円)」で合意したが、その後の身体検査で異常が見つかり、16日に破談。その翌日にはマリナーズが1年1000万ドル(約12億1000万円)で再契約した。2年目以降は球団に契約の選択権のあるオプション。

 3年連続で190投球回をクリアすれば、総額で4750万ドル(約57億円)に達するとはいえ、岩隈の足元を見るかのように年俸を1000万ドルまで下げて、まんまと獲得に成功した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事