牽制死に盗塁失敗…イチローの「機動力」に狂い生じる

公開日: 更新日:

 ベテラン外野手は機動力にも陰りが見え始めた。

 マーリンズ・イチロー(42)は10日のブレーブス戦に「1番・右翼」でスタメン出場。3打数無安打で、八回の守備で交代した。

 ベテランらしからぬミスが出たのは三回。野選で出塁すると、次打者ロハスの打席で牽制死。四球で出塁した七回には盗塁を試みたが、相手捕手に阻まれた。

 今季は残り65本に迫ったメジャー通算3000安打の他に、通算500盗塁まであと2個に迫っている。盗塁での大台到達は足踏みしかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  4. 4

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  5. 5

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  6. 6

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  9. 9

    元テレ朝・竹内由恵アナもう復帰…大物フリーアナ戦々恐々

  10. 10

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る