「餅」で尿意ストップ! 映画の途中にトイレで席を立ちたくないなら

公開日: 更新日:

「あながち嘘とは言えません」と泌尿器科医

映画やライブの前に餅を食べると、尿意が起きにくくなる」

 最近SNSでよく見る投稿だ。本当?

「科学的な観点からすると、その話はあながち嘘とは言えません」

 泌尿器科医である平澤精一医師(新宿・マイシティクリニック院長)に聞くと、こんな答えが返ってきて驚いた。

 餅の原料は炭水化物。体内で糖質となり、グリコーゲンの原料となって水分子と結びつき体内に蓄えられる。つまり、水分を尿として体外に出さないようになる。

「けれども、しょっちゅう、しかも長期にわたって習慣のように続けるのはお勧めしません。なぜなら、糖質の取りすぎで高血糖状態が維持されると、体内の糖を外に出そうと体が尿をたくさん作り、体外に排出しようとして頻尿となる。糖尿病患者さんでは多尿や夜間頻尿がよく見られますが、その糖尿病患者さんと同じような状態になってしまうのです」(平澤医師=以下同)

 餅に頼るより、根本的原因にアプローチした方がいい。

 中年以上の男性で状況に関係なく頻尿があるなら前立腺肥大が真っ先に疑われるが、もしライブや長い映画、長距離移動など“しばらくトイレに行けなくなる状況”に限ってトイレが近くなるなら、心因性の頻尿が多い。

 過去にトイレを我慢した記憶が脳にしみつき、脳が「トイレに行ったほうがいいよ」と指令を出すので、トイレに行きたくなる。膀胱に多く尿がたまっているわけではないので、トイレに行っても尿は少ししか出ない。

「心因性の頻尿では、『こうしたらトイレの不安が減った』という何らかの成功体験を脳が覚えることで改善する可能性があります」

 自分なりの“尿意を感じなかった”ことを探してみる。科学的に説明できない何かでもいい。ガムやキャンディーを食べていたら尿意を忘れた、などが成功体験につながることも。

「映画館など席を選べる場合は、列の端っこを選んで“トイレに近い”という安心感をお守り代わりにしている、というのも聞く話です」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」