金銭授受を野球賭博と同列に報じるスポーツメディアの愚

公開日: 更新日:

 巨人選手の野球賭博関与で球界に衝撃が走ったのは昨年10月のこと。今月には、巨人から「第4の男」・高木京介の賭博関与も公になったが、その後の球界に関する報道がおかしな方向に動き出している。

 これも巨人に端を発した自軍の勝敗に絡んで現金をやりとりしていた円陣での「声出し」金銭授受(敗戦時の支払いは巨人だけ)や練習中のノック罰金、高校野球くじ、投手陣の個人成績に祝儀等々は、野球を職業とする人間のモラルに反するだろうが、バックに暴力団などの反社会的勢力の影がチラつく野球賭博とは別物だ。

 スポーツライターの工藤健策氏がこう言う。

「今はどの球団にも、本当のチームリーダーや苦言を呈することができるベテランがいない。自分で社会常識を判断できなくなっているから野球賭博などに手を出すのだろうが、それにしても最近のスポーツマスコミは、ベンチ前の声出しや練習のミスで金銭を徴収していたことを野球賭博と同じようにデカデカと報じている。それは結果的に、野球賭博に関わっていた選手を4人も抱えていた巨人の責任を軽くしたり、ファンの目をそらすことになる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る