• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

声出しと賭博は別物も…他球団「巨人の飛び火」に恨み節

 巨人が18日、粛々と練習を行った。高橋監督はオープン戦の残り3試合を「本当は(メンバーを)決めて戦いたいなというのはあるけど。三塁?その辺が悩みどころ。どうしようかなと思っている」と開幕を1週間後に控えても、ベテラン・村田か2年目・岡本か、開幕スタメンを決めかねていると明かした。

 新監督にとって野球どころではない雰囲気なのも、決められない一因かもしれない。巨人から始まった「円陣声出し金銭授受」問題で、現在7球団が“自白”するなど球界は騒然。そのうちの1球団、楽天が18日、東京ドームで練習を行った。巨人の練習後だったため、一塁ベンチから巨人の練習を見守った楽天の某選手がこうつぶやいた。

「東京ドームがやけに明るくなりましたね。照明がLEDになった? へーえ、そうなんですか。でも、巨人の雰囲気は何か暗いですね。まあ、巨人のおかげで大騒ぎだから、明るい方がおかしいですけど。ウチは円陣の声出しとかノックの金のやりとりが明るみになったけど、巨人の選手がやっていた野球賭博と同レベルの話で語られているじゃないですか。野球協約に違反する野球賭博とノックの罰金は完全に別の話でしょう。巨人の選手はしばらくガッツポーズなんてできないんじゃないですか。開幕に水を差されましたからね。ホントいい迷惑。11球団がそう思ってますよ」

 前日のセ・リーグに続き、この日はパ・リーグの臨時理事会が開かれた。一連の騒動の影響で、巨人はファンだけでなく、他球団からも冷たい視線で見られている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  7. 7

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  8. 8

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  9. 9

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  10. 10

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

もっと見る