• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

声出しと賭博は別物も…他球団「巨人の飛び火」に恨み節

 巨人が18日、粛々と練習を行った。高橋監督はオープン戦の残り3試合を「本当は(メンバーを)決めて戦いたいなというのはあるけど。三塁?その辺が悩みどころ。どうしようかなと思っている」と開幕を1週間後に控えても、ベテラン・村田か2年目・岡本か、開幕スタメンを決めかねていると明かした。

 新監督にとって野球どころではない雰囲気なのも、決められない一因かもしれない。巨人から始まった「円陣声出し金銭授受」問題で、現在7球団が“自白”するなど球界は騒然。そのうちの1球団、楽天が18日、東京ドームで練習を行った。巨人の練習後だったため、一塁ベンチから巨人の練習を見守った楽天の某選手がこうつぶやいた。

「東京ドームがやけに明るくなりましたね。照明がLEDになった? へーえ、そうなんですか。でも、巨人の雰囲気は何か暗いですね。まあ、巨人のおかげで大騒ぎだから、明るい方がおかしいですけど。ウチは円陣の声出しとかノックの金のやりとりが明るみになったけど、巨人の選手がやっていた野球賭博と同レベルの話で語られているじゃないですか。野球協約に違反する野球賭博とノックの罰金は完全に別の話でしょう。巨人の選手はしばらくガッツポーズなんてできないんじゃないですか。開幕に水を差されましたからね。ホントいい迷惑。11球団がそう思ってますよ」

 前日のセ・リーグに続き、この日はパ・リーグの臨時理事会が開かれた。一連の騒動の影響で、巨人はファンだけでなく、他球団からも冷たい視線で見られている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る