声出しと賭博は別物も…他球団「巨人の飛び火」に恨み節

公開日: 更新日:

 巨人が18日、粛々と練習を行った。高橋監督はオープン戦の残り3試合を「本当は(メンバーを)決めて戦いたいなというのはあるけど。三塁?その辺が悩みどころ。どうしようかなと思っている」と開幕を1週間後に控えても、ベテラン・村田か2年目・岡本か、開幕スタメンを決めかねていると明かした。

 新監督にとって野球どころではない雰囲気なのも、決められない一因かもしれない。巨人から始まった「円陣声出し金銭授受」問題で、現在7球団が“自白”するなど球界は騒然。そのうちの1球団、楽天が18日、東京ドームで練習を行った。巨人の練習後だったため、一塁ベンチから巨人の練習を見守った楽天の某選手がこうつぶやいた。

「東京ドームがやけに明るくなりましたね。照明がLEDになった? へーえ、そうなんですか。でも、巨人の雰囲気は何か暗いですね。まあ、巨人のおかげで大騒ぎだから、明るい方がおかしいですけど。ウチは円陣の声出しとかノックの金のやりとりが明るみになったけど、巨人の選手がやっていた野球賭博と同レベルの話で語られているじゃないですか。野球協約に違反する野球賭博とノックの罰金は完全に別の話でしょう。巨人の選手はしばらくガッツポーズなんてできないんじゃないですか。開幕に水を差されましたからね。ホントいい迷惑。11球団がそう思ってますよ」

 前日のセ・リーグに続き、この日はパ・リーグの臨時理事会が開かれた。一連の騒動の影響で、巨人はファンだけでなく、他球団からも冷たい視線で見られている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る