声出しと賭博は別物も…他球団「巨人の飛び火」に恨み節

公開日:  更新日:

 巨人が18日、粛々と練習を行った。高橋監督はオープン戦の残り3試合を「本当は(メンバーを)決めて戦いたいなというのはあるけど。三塁?その辺が悩みどころ。どうしようかなと思っている」と開幕を1週間後に控えても、ベテラン・村田か2年目・岡本か、開幕スタメンを決めかねていると明かした。

 新監督にとって野球どころではない雰囲気なのも、決められない一因かもしれない。巨人から始まった「円陣声出し金銭授受」問題で、現在7球団が“自白”するなど球界は騒然。そのうちの1球団、楽天が18日、東京ドームで練習を行った。巨人の練習後だったため、一塁ベンチから巨人の練習を見守った楽天の某選手がこうつぶやいた。

「東京ドームがやけに明るくなりましたね。照明がLEDになった? へーえ、そうなんですか。でも、巨人の雰囲気は何か暗いですね。まあ、巨人のおかげで大騒ぎだから、明るい方がおかしいですけど。ウチは円陣の声出しとかノックの金のやりとりが明るみになったけど、巨人の選手がやっていた野球賭博と同レベルの話で語られているじゃないですか。野球協約に違反する野球賭博とノックの罰金は完全に別の話でしょう。巨人の選手はしばらくガッツポーズなんてできないんじゃないですか。開幕に水を差されましたからね。ホントいい迷惑。11球団がそう思ってますよ」

 前日のセ・リーグに続き、この日はパ・リーグの臨時理事会が開かれた。一連の騒動の影響で、巨人はファンだけでなく、他球団からも冷たい視線で見られている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る