• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人の賭博汚染は前監督時代に 原辰徳氏に責任はないのか

 16日にソフトバンクでも試合前の円陣で選手間で現金のやりとりをしていたことが明らかになったが、すべての発端が巨人であることに変わりはない。4人もの野球賭博関与者を出し、ロッカールームなどでは日常的にトランプや麻雀、高校野球バクチで現金が乱れ飛んでいた。練習中のノックや自チームの勝敗にすらカネを賭けていたチームには、さらなる疑惑が燻っているともいわれる。

 一連の不祥事はすべて原監督時代に起こったこと。賭博蔓延の実態を把握していたのか。なぜ選手がこうも安易にバクチに手を染めるようになってしまったのか。

「当時の現場のトップとして説明する責任があるにもかかわらず、一切、表に出てこない。ここまで騒動が大きくなって、果たして知らぬ存ぜぬで済むのか。憤慨しているOBは少なくない」(巨人OB)

 原辰徳前監督(57)は計12年も巨人を率い、チーム内のほとんどすべての権限を一手にしていた。野球賭博に手を染めた福田聡志(32)、笠原将生(25)、松本竜也(22)、高木京介(26)の賭博4選手は原監督の下でキャリアを積み、多かれ少なかれ目をかけられてきた連中である。しかし、今年1月に恒例となっている国際武道大学での講義に出てきた際も、その口からは賭博の「と」の字も出てこなかった。ネット上には、「由伸監督にすべてを押し付けて逃げた」などとファンの厳しい声も散見される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  9. 9

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る