巨人には“追い風” 阪神「声出し金銭授受」率先発表の裏側

公開日:  更新日:

「似たようなやりとりがあったのは否定しない。事実確認はしてますけどね」

 阪神の四藤球団社長が15日、巨人の選手が自チームの勝敗に絡んだ金銭授受を行っていたことに関して、阪神でも同様のやりとりがあったことを認めた。「ノックで罰金を集めるとか、円陣もあったと思う」とは四藤球団社長だ。

 同社長によれば、試合前の円陣に絡んだ授受は数年前からあり、金額は1人数千円だそうだ。

 マスコミから問い合わせがあって発表したというが、それにしてもツーと言えばカー、というか、あまりに素早い反応ではないか。

 巨人の円陣に絡んだ金銭授受が明らかになったのが前日の14日。巨人にしてみれば、ただでさえ4人目の野球賭博関与者が明らかになってスッタモンダなのに、さらなる新たな火の粉が降りかかった。再び炎上しそうな状況で、いち早く反応したのは阪神だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る