巨人には“追い風” 阪神「声出し金銭授受」率先発表の裏側

公開日: 更新日:

「似たようなやりとりがあったのは否定しない。事実確認はしてますけどね」

 阪神の四藤球団社長が15日、巨人の選手が自チームの勝敗に絡んだ金銭授受を行っていたことに関して、阪神でも同様のやりとりがあったことを認めた。「ノックで罰金を集めるとか、円陣もあったと思う」とは四藤球団社長だ。

 同社長によれば、試合前の円陣に絡んだ授受は数年前からあり、金額は1人数千円だそうだ。

 マスコミから問い合わせがあって発表したというが、それにしてもツーと言えばカー、というか、あまりに素早い反応ではないか。

 巨人の円陣に絡んだ金銭授受が明らかになったのが前日の14日。巨人にしてみれば、ただでさえ4人目の野球賭博関与者が明らかになってスッタモンダなのに、さらなる新たな火の粉が降りかかった。再び炎上しそうな状況で、いち早く反応したのは阪神だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  4. 4

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  5. 5

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    元テレ朝・竹内由恵アナもう復帰…大物フリーアナ戦々恐々

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    ウソウソウソ…恥を知らない“無敵の人”に監視される我々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る