日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。MBSラジオ「亀山つとむのかめ友Sports Man day」など野球情報番組のコメンテーターとしても活躍中。

中4日志願を男気と称える浅はかさ

22日広島戦でのメッセはボロボロだった(C)日刊ゲンダイ

 阪神のメッセンジャーは中4日の短い間隔で先発する、いわばMLB流を好んでいるという。今の日本球界では中6日が主流であるため、彼が中4日で投げると阪神贔屓の在阪マスコミは称賛することが多い。「チームのためにフル回転」「頼もしい男気」など、いかにも日本的な滅私奉公の意味で報じるわけ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事