天職はコーチ 球団に3年翻弄された西武・田辺監督の悲哀

公開日:  更新日:

「責任が一切ないとは言いませんが、田辺監督は可哀想ですよ」

 こう話すのは、ある西武OBだ。

 常勝球団の面影は消えて久しく、リーグ5位と低迷している西武。田辺監督(50)の解任は避けられず、すでに辞任報道が出たり、後任候補の名前も取り沙汰されている。

 しかし、責任を取るのは指揮官だけなのか。田辺監督は02年に西武二軍打撃コーチに就任すると、中村や栗山といった現在の主力選手を育て、13年からは一軍打撃コーチになった。もともとコーチが天職というタイプで、とりわけ若手育成には定評があった。今でも二軍に視察に行くと、「こっちの方が落ち着くなあ」と漏らすほどだ。

 歯車が狂ったのが14年の伊原監督就任だ。13年まで指揮を執っていた渡辺監督(現SD)が辞任すると、球団は潮崎二軍監督(現ヘッド兼投手コーチ)を昇格させる予定だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る