コスパ悪すぎ西武中村 球界3位の高給で今季HR1本3727万円

公開日: 更新日:

 西武が連敗を6で止めた。ヒーローは主砲の中村剛也(32)。同点で迎えた九回に勝ち越しの左前打を放ち、「4番の仕事ができていなかった。負けてばっかりじゃ面白くない。見てくれているファンもいるので勝ちたかった」と話した。

 中村の今季年俸は4億1000万円。チームでトップなのはもちろん、日本人選手では12球団3位の高給取りだ。が、今季はこの日の試合前の段階で打率.258。期待される本塁打と打点もそれぞれ、リーグ9位タイの11本、同21位の28点と散々でチームの足を引っ張っていた。

 しかも、先月16日に股関節の痛みなどを理由に戦線離脱。田辺監督に頭を抱えさせ、ようやく1日に一軍昇格したばかりだった。

 現時点では、本塁打1本あたり3727万円、1打点あたり1952万円。この日の勝利で4位に順位を上げた西武は5日から9連戦を戦い前半戦を終える。中村には打って打って打ちまくってもらわなければ、割に合わない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  10. 10

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

もっと見る