セから異例の提案 日本S“予告先発”広島・緒方監督の思惑

公開日:  更新日:

 異例のケースだ。21日の日本シリーズ監督会議で予告先発の実施が決定。提案したのは広島の緒方監督(47)で、これに日本ハムの栗山監督(55)が同意した。

 過去に予告先発でシリーズを戦った例はあるものの、そのほとんどがパ監督からの要望。パが1994年シーズンから行っている予告先発を、セが完全導入したのは2012年からで、CSでは今もセだけ採用していない。特に短期決戦では、「戦略の幅が狭まる」と敬遠する空気が濃く、昨年の日本シリーズでもヤクルトの真中監督が、ソフトバンクの工藤監督の提案を拒否した。

「今回はそれを緒方監督の方から持ち出したわけですが、当然、損得勘定をしてのことです。監督会議の前に、緒方監督は『黒田(の登板日)だけ言います』と前置きして25日の3戦目に先発させることを公表した。引退を表明して社会的な注目を集めていることを考えれば、黒田の『最後の登板』の日を明かさざるを得ない。本拠地での先発も考えられた黒田の登板日を公表してしまえば、ローテの順番を明かしたのも同じこと。だったら予告にし、日本ハムの先発投手が分かったうえで準備した方がプラスということでしょう。なにしろ緒方監督は、ナイターの日でも毎日午前9時に球場入りし、監督室で数字と首っ引きになるほどのデータ好き。分析に自信を持ってますからね」(地元マスコミ関係者)

 思惑通りにいくか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  9. 9

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

  10. 10

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

もっと見る