セから異例の提案 日本S“予告先発”広島・緒方監督の思惑

公開日: 更新日:

 異例のケースだ。21日の日本シリーズ監督会議で予告先発の実施が決定。提案したのは広島の緒方監督(47)で、これに日本ハムの栗山監督(55)が同意した。

 過去に予告先発でシリーズを戦った例はあるものの、そのほとんどがパ監督からの要望。パが1994年シーズンから行っている予告先発を、セが完全導入したのは2012年からで、CSでは今もセだけ採用していない。特に短期決戦では、「戦略の幅が狭まる」と敬遠する空気が濃く、昨年の日本シリーズでもヤクルトの真中監督が、ソフトバンクの工藤監督の提案を拒否した。

「今回はそれを緒方監督の方から持ち出したわけですが、当然、損得勘定をしてのことです。監督会議の前に、緒方監督は『黒田(の登板日)だけ言います』と前置きして25日の3戦目に先発させることを公表した。引退を表明して社会的な注目を集めていることを考えれば、黒田の『最後の登板』の日を明かさざるを得ない。本拠地での先発も考えられた黒田の登板日を公表してしまえば、ローテの順番を明かしたのも同じこと。だったら予告にし、日本ハムの先発投手が分かったうえで準備した方がプラスということでしょう。なにしろ緒方監督は、ナイターの日でも毎日午前9時に球場入りし、監督室で数字と首っ引きになるほどのデータ好き。分析に自信を持ってますからね」(地元マスコミ関係者)

 思惑通りにいくか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る