セから異例の提案 日本S“予告先発”広島・緒方監督の思惑

公開日: 更新日:

 異例のケースだ。21日の日本シリーズ監督会議で予告先発の実施が決定。提案したのは広島の緒方監督(47)で、これに日本ハムの栗山監督(55)が同意した。

 過去に予告先発でシリーズを戦った例はあるものの、そのほとんどがパ監督からの要望。パが1994年シーズンから行っている予告先発を、セが完全導入したのは2012年からで、CSでは今もセだけ採用していない。特に短期決戦では、「戦略の幅が狭まる」と敬遠する空気が濃く、昨年の日本シリーズでもヤクルトの真中監督が、ソフトバンクの工藤監督の提案を拒否した。

「今回はそれを緒方監督の方から持ち出したわけですが、当然、損得勘定をしてのことです。監督会議の前に、緒方監督は『黒田(の登板日)だけ言います』と前置きして25日の3戦目に先発させることを公表した。引退を表明して社会的な注目を集めていることを考えれば、黒田の『最後の登板』の日を明かさざるを得ない。本拠地での先発も考えられた黒田の登板日を公表してしまえば、ローテの順番を明かしたのも同じこと。だったら予告にし、日本ハムの先発投手が分かったうえで準備した方がプラスということでしょう。なにしろ緒方監督は、ナイターの日でも毎日午前9時に球場入りし、監督室で数字と首っ引きになるほどのデータ好き。分析に自信を持ってますからね」(地元マスコミ関係者)

 思惑通りにいくか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る