CSも対広島戦もさっぱり…ハム大谷は打撃不調どう克服?

公開日: 更新日:

 165キロでメジャーも仰天させた日本ハム大谷翔平(22)。

 しかし、打撃はCSでサッパリだった。ソフトバンク戦5試合は16打数3安打、2打点の.188。対広島戦の成績もいまひとつ。6月の交流戦は3番・DHで3試合にフル出場して、計10打数2安打、1打点の.200。2戦目にジョンソンから今季初の死球を食らって、計5三振を喫している。

 日本ハムは19日、守護神のマーティンが痛めた左足首のリハビリのため帰国。抑え不在で、中軸のバットはますます重要になる。

 大谷は黒田引退のニュースを受け、「最後まで対戦できるチームにいるのは幸せなこと。勉強になる」とコメントしていたが、広島投手陣を打ちあぐんで、結果として黒田の引退に花を添えることにならないか。

「大谷の打者としての修正能力は、投手としてのそれよりもたけているというのは首脳陣の一致した見方。心配いりませんよ」と、さるOBがこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る