CSも対広島戦もさっぱり…ハム大谷は打撃不調どう克服?

公開日:

 165キロでメジャーも仰天させた日本ハムの大谷翔平(22)。

 しかし、打撃はCSでサッパリだった。ソフトバンク戦5試合は16打数3安打、2打点の.188。対広島戦の成績もいまひとつ。6月の交流戦は3番・DHで3試合にフル出場して、計10打数2安打、1打点の.200。2戦目にジョンソンから今季初の死球を食らって、計5三振を喫している。

 日本ハムは19日、守護神のマーティンが痛めた左足首のリハビリのため帰国。抑え不在で、中軸のバットはますます重要になる。

 大谷は黒田引退のニュースを受け、「最後まで対戦できるチームにいるのは幸せなこと。勉強になる」とコメントしていたが、広島投手陣を打ちあぐんで、結果として黒田の引退に花を添えることにならないか。

「大谷の打者としての修正能力は、投手としてのそれよりもたけているというのは首脳陣の一致した見方。心配いりませんよ」と、さるOBがこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る