CSも対広島戦もさっぱり…ハム大谷は打撃不調どう克服?

公開日: 更新日:

 165キロでメジャーも仰天させた日本ハムの大谷翔平(22)。

 しかし、打撃はCSでサッパリだった。ソフトバンク戦5試合は16打数3安打、2打点の.188。対広島戦の成績もいまひとつ。6月の交流戦は3番・DHで3試合にフル出場して、計10打数2安打、1打点の.200。2戦目にジョンソンから今季初の死球を食らって、計5三振を喫している。

 日本ハムは19日、守護神のマーティンが痛めた左足首のリハビリのため帰国。抑え不在で、中軸のバットはますます重要になる。

 大谷は黒田引退のニュースを受け、「最後まで対戦できるチームにいるのは幸せなこと。勉強になる」とコメントしていたが、広島投手陣を打ちあぐんで、結果として黒田の引退に花を添えることにならないか。

「大谷の打者としての修正能力は、投手としてのそれよりもたけているというのは首脳陣の一致した見方。心配いりませんよ」と、さるOBがこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る