“今季で最後”随所に 広島・黒田の引退をチームメイト語る

公開日: 更新日:

「リーグ優勝して日本シリーズに進出できたことが一つの大きな要因。引退を本当に考え始めたのは9月過ぎでした」

 18日、広島黒田博樹(41)が引退を発表、広島市内で会見を行った。昨オフも引退を検討したが、複数の後輩選手から「ぜひ、来年も一緒にプレーしてください」と直談判されたことなどもあり、現役続行を決意。プロ20年目の今季は7年連続となる2ケタ勝利をマーク。25年ぶりのリーグ優勝に貢献したが、慢性的な右肩、首の痛みを抱え、昨年以上に体が蝕まれていたという。

 日本シリーズ前での発表を進言した盟友の新井はこの日、「『もう1年やって下さいよ』と言ったが、『体がボロボロ』と言われていた。いろんなところを痛めながら、マウンドに上がっていたのは知っていた」と話した。故障の影響で今季は3度の登録抹消を経験。09年に頭部に打球を受け、頚椎を痛めてから、右肩痛にも悩まされた。今年は肩と首に塩をまいて登板。親しい関係者には「しんどいですわ」と漏らすこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

  10. 10

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

もっと見る