“カープ愛”で残留希望も 広島エルド狙い他球団が虎視眈々

公開日: 更新日:

「来年も広島を含めて日本でプレーしたいかって? もちろんそういう気持ちはあるよ。日本のことは大好きだからね」

 日刊ゲンダイの直撃取材にこう語ったのは、今季で1年契約が満了する広島の大砲助っ人・エルドレッド(36)。「今はポストシーズンの戦いに集中したい」と断った上で“日本愛”を口にした。

 今季は6月に故障で途中離脱し、95試合出場にとどまった。規定打席には到達しなかったものの、打率.294、21本塁打、53打点。打率は来日5年目で最高だった。DeNAとのCSファイナル第4戦では3ランを放つなど、通算101本塁打をマークする打棒は年齢を感じさせない。

 地元マスコミ関係者によれば、本人は広島残留がベストだと考えている、という。妻と3人の子供は広島に在住。長女のエイブリーちゃんは、広島の公立小に通っていて、次女も来年から同じ学校に通わせることになっている。「広島はセカンドホーム」と言うほど街に溶け込んでいるから、愛着がある、というのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る