• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“背水の陣”中日・浅尾が心境吐露 「焦るのはやめました」

 昨季、ナゴヤドームのマウンドに上がることは一度もなかった。

 中日の黄金期を支えた中継ぎエース、浅尾拓也(32)の姿があるのは、二軍キャンプの球場。ルーキーたちと共に白球を追いかけていた。

 09年途中、当時投手コーチだった森繁和監督(62)に抜擢され、中継ぎエースに君臨。10年には72試合に登板してNPB最高記録となる47ホールド、翌11年にはリーグ最高の79試合に登板して45ホールドを挙げた。2年連続で最優秀中継ぎ投手に輝き、チームも連覇。中日の黄金期を支えたが、12年から右肩痛が続き、昨季は一軍登板なしに終わった。今オフの契約更改では減額制限の25%ダウンとなる7350万円でサイン。今季は背水の陣で挑む一年になる。

 浅尾に心境を聞くと、冷静にこう答えた。

「焦るのは去年で終わりました。確かに去年は一度も投げられずに焦ったり悩んだりしましたけど、今年はもう後がないという覚悟ができた。森監督からは『自分の調整をしっかりしろよ』と言われています。あと何年(プロで)やれるか分からないので、後悔しないために、(オフは)いろんなことに挑戦しようと思いました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  7. 7

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

もっと見る