日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

二遊争う中日・阿部寿樹は落合GMの数少ない“置き土産”

「先が長いわけじゃない。コーチからも『時間がねえぞ』と言われています。一日一日が勝負ということを肝に銘じてやらないと」

 こう言ったのは、中日2年目の内野手・阿部寿樹(27)だ。特打のあとはランニング、さらには室内練習場で一心不乱にバットを振った。練習が終わると、時計の針は18時を回っていた。

 遊撃、二塁のレギュラー争いに参戦中。定位置の遊撃は昨季のレギュラーである堂上に加え、ドラフト2位新人の京田(日大)も守備で評価を得ている。ポジション取りの道のりは決して平坦ではないが、「目立つ存在」と多くの関係者が口を揃える。

 中田翔(日本ハム)らと同じ89年生まれ。一関一高(岩手)、明大、ホンダを経て、15年ドラフト5位で入団したオールドルーキーは、落合前GMイチオシの選手だった。14年ドラフトでも指名候補に挙がったほどで、落合前GMは継続して調査を続け、晴れて中日入りを果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事