二遊争う中日・阿部寿樹は落合GMの数少ない“置き土産”

公開日:

「先が長いわけじゃない。コーチからも『時間がねえぞ』と言われています。一日一日が勝負ということを肝に銘じてやらないと」

 こう言ったのは、中日2年目の内野手・阿部寿樹(27)だ。特打のあとはランニング、さらには室内練習場で一心不乱にバットを振った。練習が終わると、時計の針は18時を回っていた。

 遊撃、二塁のレギュラー争いに参戦中。定位置の遊撃は昨季のレギュラーである堂上に加え、ドラフト2位新人の京田(日大)も守備で評価を得ている。ポジション取りの道のりは決して平坦ではないが、「目立つ存在」と多くの関係者が口を揃える。

 中田翔(日本ハム)らと同じ89年生まれ。一関一高(岩手)、明大、ホンダを経て、15年ドラフト5位で入団したオールドルーキーは、落合前GMイチオシの選手だった。14年ドラフトでも指名候補に挙がったほどで、落合前GMは継続して調査を続け、晴れて中日入りを果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る